housing-お宅取材レポート一覧

美しい玄関が主役の住まい温かな交流も家族の時間も大切に

 「家づくりはここから始まりました」。そう言って案内してくれたのは玄関。洗練された格子のアプローチややさしい光が満ちる伸びやかな土間など、ご夫婦には作りたい玄関のイメージが明確にあったそう。新居のプランはこの玄関を軸に、設計者とともにていねいに描かれました。  「南北に長い敷地。南側は倉庫と隣接しているため、2階に第二のリビングとして使えるファミリースペースを計画。メインとなるLDKは北向き開口にし、道路沿いの東側にハイサイドライトを設けました。開放的な吹き抜けから一日中おだやかな光が注ぐ、心地よい空間になりました」。  また、日々の快適を求め生活動線も重視。「玄関土間の障子を開けると和室につながり、人が来たら気軽に腰かけてもらうことができます。反対側の家族用玄関へと進めば水回りへ直結。帰宅後の手洗いや着替えもスムーズです」。毎日の過ごし方から“自分たちの使いやすさ”を考えて生まれた住空間。「これから始まる生活が楽しみ」と、ご夫婦の笑顔も輝きます。  心に安らぎを与え、訪れた人々だけでなく、住人もおだやかに迎え入れる住まい。しあわせが舞い込むような美しい玄関から、豊かな暮らしが広がります。

シンプル&ナチュラルな木の空間に住みやすさ、使いやすさが融合した住まい

 2人の子どもたちのためにも、ナチュラルな自然素材の家が作れる工務店を探していたYさん。そこで見つけたのが、四国の木を大切にした家づくりをしているヒロセ設計でした。  家の土台と柱はヒノキ、床板はすべて杉の無垢材。生活の中心となるLDKは約23畳の広さで、木の魅力を存分に発揮しています。和室以外の1階はトイレなど水回りまで木の床で一続きなので、移動もスムーズな上、家事動線も使いやすく便利。キッチンバックや脱衣所など収納もたっぷりで、しまうもののサイズに合わせて造作しています。家族の暮らしに合わせて部屋数は最低限に抑えつつ、2階にも洗面台を作るなど住みやすさへの配慮も十分です。  ナチュラルな木の色合いにアクセントとなるのが、Yさん自身が選んだ壁紙やカーテンなどの内装。たとえば和室のカーテンはディズニー柄で和洋折衷に。キッチンバック収納の壁紙はサンリオキャラクター柄でかわいく。主寝室のウォークインクローゼットの壁紙はカラフルな花柄など、暮らしを楽しくしてくれそうです。  自然素材のやさしさと、シンプルながらも使いやすい造りがマッチした住まい。子どもたちの健やかな成長もしっかり守ってくれそうです。

敷地のデメリットを間取りでクリア家と庭が一体化するナチュラルな平屋

 幹線道路沿いで田園に囲まれた見通しのいい敷地。自然あふれる環境は申し分ありませんが、周囲からの視線を防ぐにはどうするかがプランのテーマでした。  まず活用したのが、ボートとバイクが趣味というご主人のための広いガレージ。道路側に目隠しとして配置し、玄関とつながる動線で使いやすさにも配慮しました。正面に庭は作らず、敷地の中央に設けた中庭を囲んで各部屋をコの字型に配置。どの部屋からも中庭に出られて、プライベート空間の開放感を楽しめます。広い敷地を活用した造園をどうするかは、これからのお楽しみです。  ナチュラルな木の家がいいという希望で、室内の色調はモノトーンと木目の組み合わせでシンプルに。一方で、照明にはこだわりました。ダイニングキッチンや子ども部屋、トイレなど部屋の用途によって照明のタイプを変え、洗面台は自然光が入るようにしています。壁クロスの色や材質も部屋に合わせて変えました。板敷きの洋室ばかりでなく、中庭に面した客間は畳敷きの和室で、冬はコタツを置いてくつろげるようにしています。シンプルだからこそ、今後の生活の変化に合わせて、柔軟にフィットしていけそうな住まいです。

暮らすほどに感じる確かな心地よさ毎日が愛おしく、めぐる季節も楽しみに

 住まいは暮らす人を映すといいますが、空に向かっておおらかに伸びる大屋根の家は、自然体で穏やかなご夫妻の人柄そのもの。風と光が行き交う室内も同様で、仲睦まじいおふたりのような親しみのある温かさに満ちていました。  「自然と落ち着く和モダンの家」をコンセプトにヒロセ設計と作り上げたのは、シンプルで年月を経ても美しさが息づく住まい。「無垢材や塗り壁など自然素材を使いながら“ほどよい和”を取り入れたデザイン」、「忙しい朝に混雑しない動線」、「必要な場所に必要な量の収納」など、ふたりのリクエストに沿った住まいの景色からは、ご夫妻が望む上質な暮らしの手触りが伝わってきました。なかでも重点的にお願いしたのは、以前の住まいで悩まされていた結露の問題。水滴が水たまりになり、カビの原因にもなっていたそう。「湿度調節できる換気框(かまち)付きのサッシや24時間換気、調湿効果の高い珪藻土や無垢材もしっかりと使ってもらいました」。  結露で嫌になっていた寒い時期も、住宅性能のおかげで今は楽しみに。リビング床暖房の温かさにもきっと感激することでしょう。心も体も健やかに過ごせる「はじめての冬」はもうすぐです。

自分で選んだ杉板、自分で塗った床。素材も工程もこだわった家は、デザインも住みやすさも大満足!

学生時代に林業を研究していて、木に思い入れの深いご主人。家づくりにあたって注目したのが、四国の木を大切にした家づくりをしているヒロセ設計でした。「インターネットでの評判もよかったし、設計事務所なので細かな対応をしてもらえると思って」と、そのポイントを語るご主人。建設中も週に1度は現場に訪れ、設計士さんと直接コミュニケーションをとっていました。そのおかげで、完成した家は「イメージ以上の仕上がりで大満足」だそうです。  こだわったのは木とアイアンを組み合わせたシンプルなデザイン。床板と天井はすべて杉で、開放感たっぷりの吹き抜けリビングは、その木の魅力を存分に発揮しています。奥さまのお気に入りは家事動線の使いやすさ。小上がりの和室以外は木の床で一続きなので移動もスムーズです。木の床のテイストに合わせた造作収納も充実しています。  「杉板の節があるのが好きで。木! という感じがするでしょう」と笑うご主人。自分で用材を選んだり、床の塗装をしたりと、工程にも直接関わっているから思い入れもひとしお。自然素材のやさしさで、子どもの健やかな成長もしっかり守ってくれそうな家です。

古きよき日本家屋をリノベーション。風情と機能性を併せ持つ家。

 元々新築より古い家が好きだったというAさんは、結婚と同時に築60年の家を購入。それから10年後、子どもたちの成長に合わせて変化するライフスタイルを見越し、今後も快適に住まえるようリノベーションしました。現場を訪れた設計士は「こんな立派な軒桁は見たことがない」と驚いたそうです。それもそのはず、家を支える桁はなんと約15mの一本杉。A邸はこうした梁や天井板、建具などこの家とともに生きてきたものを残しながらも、断熱性や耐震性、間取りを見直し、現代的な機能性を備えた住まいに生まれ変わりました。  1階の間取りは大幅にチェンジ。まず北側にあった台所とリビングを南側に移し、和室と主寝室、仕事部屋も確保しました。かつて納戸として使っていた中2階は吹き抜けにして、2階の子ども部屋とリビングとをつないでいます。さらにその吹き抜けの天井を開閉式にすることで、季節に合わせた暮らしを楽しめるよう工夫しました。梁の上の障子を開けると、窓から心地いい風が吹き抜けます。「このタイミングで決断してよかった。これからも家族でしあわせに暮らしたい」。ご夫妻の視線の先には、子どもたちの笑顔がありました。

2階LDKで見晴らしも明るさも満点! 風景を暮らしに取り込む木の家。

 広い玄関土間を上がって1階リビングへ…と思いきや、K邸のリビングはなんと2階! 屋根裏と梁を見せたログハウスのような、白壁と木のナチュラルな空間が広がります。  実はK邸のすぐ隣は小学校。塀が高くて1階の陽当たりが悪いため、2階をLDKにして水回りもまとめ、生活がほぼ2階で完結できるようにしました。片流れ屋根の勾配をロフトに活用して、収納スペースも確保。南面の大きな窓からは視界が開け、隣家の視線も気になりません。木目と白のシンプルな内装は、将来インテリアの好みが変わっても合わせやすくするためのもの。「趣味で集めたレトロ風の家具が合う家にしたかった」との奥さまのご希望にもぴったりです。キッチンの裏側に水回りを設け、家事動線を短くする工夫もあります。  小さい子どもがいるので、自然素材を生かした体にやさしい家を作りたいと、国内産木材にこだわるヒロセ設計に決めました。奥さまは「木の家で、自分たちの好みを生かして設計してもらえる工務店を1~2年探して、ヒロセさんと出会えました」と満足そう。南面の板張り壁はご夫婦でセルフペイントし、家づくりの実感をさらに深められました。

土間から広がるナチュラルな暮らし。 子どもたちの元気な声が響く木の家。

 玄関から勝手口まで続く長い通り土間。O邸の主役は、この通り土間と言ってもいいでしょう。イメージしたのはご主人の田舎のご実家。「遊んで帰って来たら、すぐキッチンに上がれる。収納スペースにもなる。中でも外でもない空間にしたかったんです」とご主人。土間を中心に各部屋を配置することで、家全体に回遊性を持たせています。  もうひとつのポイントが、ぜひつけたかったという薪ストーブ。ストーブの熱を逃がすために土間の上は吹き抜けにして、2階の部屋を渡り廊下でつなぐという空間構成も巧みです。他にも、洗濯コーナーと和室をつなぐ室内物干し場や、2階廊下に設けた共有の勉強コーナー、2階の部屋ごとに変えたクロスなど、随所にご夫婦のアイデアが生かされています。  1階フロアは洗面脱衣所も含めて杉の無垢材。土間と木が溶け合うナチュラルな味わいは、国内産木材と自然素材にこだわるヒロセ設計ならではです。「ヒロセさんはこちらの希望をほぼ叶えてくれて、予算もリーズナブルだったので助かりました」と奥様も満足そう。冬に向かって、薪ストーブを使い始めるのが目下の楽しみ。2人のお子様ものびのび、健やかに過ごせる家です。

2階LDKで見晴らしも明るさも満点! 風景を暮らしに取り込む木の家。

 広い玄関土間を上がって1階リビングへ…と思いきや、K邸のリビングはなんと2階! 屋根裏と梁を見せたログハウスのような、白壁と木のナチュラルな空間が広がります。  実はK邸のすぐ隣は小学校。塀が高くて1階の陽当たりが悪いため、2階をLDKにして水回りもまとめ、生活がほぼ2階で完結できるようにしました。片流れ屋根の勾配をロフトに活用して、収納スペースも確保。南面に大きくとった窓からは視界が開け、隣家の視線も気になりません。木目と白のシンプルな内装は、将来インテリアの好みが変わっても合わせやすくするためのもの。「趣味で集めたレトロ風の家具が合う家にしたかった」との奥様のご希望にもぴったりです。キッチンの裏側に水回りを設け、家事動線を短くする工夫もあります。  小さいお子様がいるので、自然素材を生かした体にやさしい家を作りたいと、国内産木材にこだわるヒロセ設計に決めました。奥様は「木の家で、自分達の好みを生かして設計してもらえる工務店を1~2年探して、ヒロセさんと出会えました」と満足そう。南面の板張り壁はご夫婦でセルフペイントし、家づくりの実感をさらに深められました。

ほしかった空気感を実現。 暮らしをデザインする住まい。

 ある本を読んで、将来に渡るメンテナンスなどを考えると家づくりを頼むのは近所の工務店がいいという一行に共感し、近くにあったヒロセ設計を訪問。そこで見た施工例にご主人のイメージに近い家があり、ヒロセ設計にオーダーすることになりました。S邸は室内を古民家風に、外観はスタイリッシュモダンに仕上げているのが特徴。室内に入ると洗い出しの土間やアンティーク風に仕上げた造作の建具が郷愁を誘います。  LDKには大きな吹き抜けがあり、上階から光が注ぐ明るい空間。吹き抜けまでが家族共有の空間になっていて、いつでも気配が感じられるのも魅力です。また、奥さまの要望で収納はなるべく戸を付けず見せながらしまうスタイルに。「閉じてしまうとどこに何があるかわからなくなって、結局使いそびれることもあるので」という言葉に納得。飾る楽しみも増えそうですね。  「ヒロセ設計さんは現場で工事を進めながらの変更にもスムーズに対応してくれたのが印象的」とご主人。柔軟に対応してくれたことが結果的にいい家につながったと話してくれました。これから庭づくりを始める予定だとか。少しずつ手を加えて家を楽しんでいきます。

1ページ目(3ページ中)