housing-お宅取材レポート一覧

薪ストーブと土間と平屋 3つのこだわりが調和する住まい

海外に滞在経験があり、靴を履いたまま過ごすスタイルに馴染みがあったご主人が希望したのが“土間リビング”と“薪ストーブ”。奥さまが希望したのは生活動線のよい“平屋”。それら3つを中心に据え、家づくりがスタートしました。見つけたのは、見晴らしのいい高台の土地。「少し変形地ですが、ヒロセ設計の社長は水捌けがよくていいとメリットにフォーカスしてくれました。物事をポジティブに捉える姿勢に惹かれたことが大きな決め手になりました」とご主人は振り返ります。  ヒロセ設計では、設計の段階で細部まで寸法を決めることはありません。実際に空間ができた段階で室内に入り、施主と相談しながら棚の高さや幅などを決めていきます。シューズクロークとシームレスにつながるパントリーも、当初は間にドアを設置する予定でしたが、より使いやすくするために現場で設計を変更したと言います。「柔軟に対応してくれたおかげで納得のいく家づくりができました」。  薪ストーブの暖気を取り込む寝室の小窓や、マグネットが付けられる壁など、心地よい暮らしを叶えるアイデアも随所に。施主に寄り添う思いやりに満ちた、心までじんわり温かくなる住まいです。

この家で過ごす豊かな時間が 子どもたちの原風景となるように

緑豊かな讃岐山脈を望む、すがすがしい木の家。元気いっぱい遊んでゴクゴクと麦茶を飲むお子さんたちの姿がよく似合います。「自分が幼い頃に経験した昔ながらの和の家の豊かさや心が落ち着く感覚を子どもにも知ってほしくて」と、ご夫婦がリクエストしたのは縁側のある自然素材の家。ヒロセ設計の柔軟なアイデアやサポートが納得の家づくりにつながったと話します。  「気持ちのいい暮らしの提案をたくさんしてくれました。塗り壁もそのひとつ。薩摩中霧島壁は今まで知らなかったので、これを聞いていなければ全室クロス張りだったかもしれません。サイディングの代わりに勧めてくれた、そとん壁の風合いや質感も気に入っています。どの提案にも細かく金額提示してくれたので、予算面でも安心してお願いできました」。  ほかにも、セルフビルドが楽しかったと話すご主人。「床や柱を塗装したり、外垣を作ったり。駐車場の土間打ちは左官さんに教えてもらいました」。そう言いながら目を向けたのは、土間の隅に残したお子さんの小さな手形。ご夫婦の愛情に満ちた住まいには、しあわせな記憶とともに“子どもたちに伝えたい大切なこと”がたくさん詰まっているようでした。

本物の質感に囲まれる暮らし 設計士夫婦が建てた家

夫婦ともに設計士という仕事柄、自邸はプロならではのこだわりが随所に。今だけでなく、将来を見据え、ふたりのライフスタイルと夢が反映されていました。  「廊下は極力なくして、空間をうまく使えるように考えて設計しました」とご主人。広いLDKを抜けて奥へ進むと、主寝室や子ども部屋などプライベートゾーンに入りますが、どの部屋もゆったり構えられていて無駄がありません。空間を広く使えるのは、効率的な間取りのなせる技です。  さらに、良質な家具を選び抜くことで建物との調和を図っているのもポイント。ダイニングテーブルや椅子、キッチンキャビネットなど本物の木の質感が空間に彩りを添えます。「家は毎日帰り着く場所。これから何年先もここでよかったと思える場所にしておくためにも、シンプルでいいものをセレクトしておきたかったんです」という奥さまの言葉が印象的です。  広い土地を利用した平屋は、空間をうまく使いながら各部屋を効率的に配置し、使いやすく、将来にわたって快適に住める家になりました。未来を見据えた住まいは、年を重ねるほどによさを実感でき、自然素材は徐々に味わいを深めていきます。10年後の家の佇まいが今から楽しみです。

「いままで」と「これから」を見つめて 家族を包む理想の住まいが完成

5日前に引き渡されたばかりの新居は、無垢床の木肌もみずみずしく、これから始まる新しい生活への期待に満ちあふれています。Hさんの家づくりは2回目。25年暮らした家の雨漏りでリフォームを考えたものの、費用面と老後の生活面から新築へと方向転換。慣れ親しんだ地域でいい分譲地を見つけ、ヒロセ設計に夢を託しました。  ご主人の「耐震性」「長期優良」という希望に、奥さまの「ナチュラルな木の温もり」「1階で生活が完結」「軒のある暮らし」という要望も重ねてブラッシュアップした新居。「上下の生活動線や窓からの雨漏りなど、前の家で不便だったところを意識して計画をお願いしました」と奥さまは話します。念願だったストレートリビングは開放感のある吹き抜けと相まって、広々としながらも家族の自然なふれあいが生まれる空間に。「ヒロセ設計さんが提案してくれた吹き抜けがとても気持ち良くて。昨日も主人と息子がゴロンと寝そべって天井を見上げながら過ごしていました」。  これから工事が始まるウッドデッキと外構も楽しみという奥さま。過去の経験と未来への想いが詰まった住まいは、確かな家づくりによって新たな実りを結びます。

住まう人の暮らしをデザインした “早く帰りたい”と思える家

 家づくりを考え始めた当初から、温かい雰囲気を持ち、家族の健康を守ってくれる自然素材の家を希望していたというご主人。共働きであることを考慮し、家事負担が少ない家にすることも絶対条件だったそうです。そんなご主人の要望を叶えたのは、ヒロセ設計。担当者も「この動線は、かなりの自信作ですよ」と胸を張ります。  S邸に入って驚いたのは、その回遊性の高さ。シューズクロークからはじまり、キッチン、水回り、寝室、サンルームまで、家事に関係するエリアをぐるぐると簡単に回ることができます。「これまではメゾネットタイプの賃貸に住んでいたのですが、移動が面倒で。今はすぐに部屋を移動できますし、生活にメリハリが出ましたね」とご主人。「玄関を入ってすぐ、買い物したものを冷蔵庫に入れることができるようになってうれしいです」と奥さまも続きます。サンルームのおかげで、服を脱ぐ、洗う、乾かすという流れが室内で完結し、天気を気にせず洗濯できるようになったのも、ご夫婦そろってとても助かっているそうです。  取材中、生まれたばかりの娘さんが気持ちよさそうに眠っていたS邸。ここは、新しい家族のためにご夫婦が用意した、心地よさと住みやすさを追求した住まいです。

シンプル&コンパクトな色と間取りに機能性と住みやすさが生かされた家

 家づくりにあたって、10社ほども工務店を検討したKさん。決め手になったのは、ヒロセ設計の「四国の木」へのこだわりでした。主な素材は高知産のヒノキ。「2人の子どもがまだ小さいので、害虫がつきにくいヒノキは、気持ちよく遊べて体にいいって、ヒロセ設計の社長が勧めてくれたんです」と、奥さまは語ります。  家全体の色は白と木目のシンプルトーン。子どもが小さい間はリビングでほとんどの時間を過ごすことから、1階はほぼLDKだけにして、浴室など水回りと寝室は2階にまとめました。色合いも間取りもシンプルですが、寝室の壁紙は1面だけ奥さまが選んだ柄物に。子ども部屋の天井は夜に星が光る柄のクロスにするなど、それぞれに遊び心をくわえました。  また、開放感を生み出す吹き抜けもこだわりの一つ。「これまでマンション住まいだったから、吹き抜けが気持ちいいんです」と笑う奥さま。2階の部屋のドアを開けたらすぐ階下の様子がわかるのも、暮らし始めて気づきました。家の断熱性能が高く、家全体の温度差が少ないのも暮らしやすさにつながります。子どもたちのすこやかな成長を、しっかり明るく守ってくれそうな家です。

美しい玄関が主役の住まい温かな交流も家族の時間も大切に

 「家づくりはここから始まりました」。そう言って案内してくれたのは玄関。洗練された格子のアプローチややさしい光が満ちる伸びやかな土間など、ご夫婦には作りたい玄関のイメージが明確にあったそう。新居のプランはこの玄関を軸に、設計者とともにていねいに描かれました。  「南北に長い敷地。南側は倉庫と隣接しているため、2階に第二のリビングとして使えるファミリースペースを計画。メインとなるLDKは北向き開口にし、道路沿いの東側にハイサイドライトを設けました。開放的な吹き抜けから一日中おだやかな光が注ぐ、心地よい空間になりました」。  また、日々の快適を求め生活動線も重視。「玄関土間の障子を開けると和室につながり、人が来たら気軽に腰かけてもらうことができます。反対側の家族用玄関へと進めば水回りへ直結。帰宅後の手洗いや着替えもスムーズです」。毎日の過ごし方から“自分たちの使いやすさ”を考えて生まれた住空間。「これから始まる生活が楽しみ」と、ご夫婦の笑顔も輝きます。  心に安らぎを与え、訪れた人々だけでなく、住人もおだやかに迎え入れる住まい。しあわせが舞い込むような美しい玄関から、豊かな暮らしが広がります。

シンプル&ナチュラルな木の空間に住みやすさ、使いやすさが融合した住まい

 2人の子どもたちのためにも、ナチュラルな自然素材の家が作れる工務店を探していたYさん。そこで見つけたのが、四国の木を大切にした家づくりをしているヒロセ設計でした。  家の土台と柱はヒノキ、床板はすべて杉の無垢材。生活の中心となるLDKは約23畳の広さで、木の魅力を存分に発揮しています。和室以外の1階はトイレなど水回りまで木の床で一続きなので、移動もスムーズな上、家事動線も使いやすく便利。キッチンバックや脱衣所など収納もたっぷりで、しまうもののサイズに合わせて造作しています。家族の暮らしに合わせて部屋数は最低限に抑えつつ、2階にも洗面台を作るなど住みやすさへの配慮も十分です。  ナチュラルな木の色合いにアクセントとなるのが、Yさん自身が選んだ壁紙やカーテンなどの内装。たとえば和室のカーテンはディズニー柄で和洋折衷に。キッチンバック収納の壁紙はサンリオキャラクター柄でかわいく。主寝室のウォークインクローゼットの壁紙はカラフルな花柄など、暮らしを楽しくしてくれそうです。  自然素材のやさしさと、シンプルながらも使いやすい造りがマッチした住まい。子どもたちの健やかな成長もしっかり守ってくれそうです。

敷地のデメリットを間取りでクリア家と庭が一体化するナチュラルな平屋

 幹線道路沿いで田園に囲まれた見通しのいい敷地。自然あふれる環境は申し分ありませんが、周囲からの視線を防ぐにはどうするかがプランのテーマでした。  まず活用したのが、ボートとバイクが趣味というご主人のための広いガレージ。道路側に目隠しとして配置し、玄関とつながる動線で使いやすさにも配慮しました。正面に庭は作らず、敷地の中央に設けた中庭を囲んで各部屋をコの字型に配置。どの部屋からも中庭に出られて、プライベート空間の開放感を楽しめます。広い敷地を活用した造園をどうするかは、これからのお楽しみです。  ナチュラルな木の家がいいという希望で、室内の色調はモノトーンと木目の組み合わせでシンプルに。一方で、照明にはこだわりました。ダイニングキッチンや子ども部屋、トイレなど部屋の用途によって照明のタイプを変え、洗面台は自然光が入るようにしています。壁クロスの色や材質も部屋に合わせて変えました。板敷きの洋室ばかりでなく、中庭に面した客間は畳敷きの和室で、冬はコタツを置いてくつろげるようにしています。シンプルだからこそ、今後の生活の変化に合わせて、柔軟にフィットしていけそうな住まいです。

暮らすほどに感じる確かな心地よさ毎日が愛おしく、めぐる季節も楽しみに

 住まいは暮らす人を映すといいますが、空に向かっておおらかに伸びる大屋根の家は、自然体で穏やかなご夫妻の人柄そのもの。風と光が行き交う室内も同様で、仲睦まじいおふたりのような親しみのある温かさに満ちていました。  「自然と落ち着く和モダンの家」をコンセプトにヒロセ設計と作り上げたのは、シンプルで年月を経ても美しさが息づく住まい。「無垢材や塗り壁など自然素材を使いながら“ほどよい和”を取り入れたデザイン」、「忙しい朝に混雑しない動線」、「必要な場所に必要な量の収納」など、ふたりのリクエストに沿った住まいの景色からは、ご夫妻が望む上質な暮らしの手触りが伝わってきました。なかでも重点的にお願いしたのは、以前の住まいで悩まされていた結露の問題。水滴が水たまりになり、カビの原因にもなっていたそう。「湿度調節できる換気框(かまち)付きのサッシや24時間換気、調湿効果の高い珪藻土や無垢材もしっかりと使ってもらいました」。  結露で嫌になっていた寒い時期も、住宅性能のおかげで今は楽しみに。リビング床暖房の温かさにもきっと感激することでしょう。心も体も健やかに過ごせる「はじめての冬」はもうすぐです。

1ページ目(4ページ中)