housing-トップページ

新着お宅取材レポート

3列表示
2列表示
1列表示
縦並び

薪ストーブと土間と平屋 3つのこだわりが調和する住まい

海外に滞在経験があり、靴を履いたまま過ごすスタイルに馴染みがあったご主人が希望したのが“土間リビング”と“薪ストーブ”。奥さまが希望したのは生活動線のよい“平屋”。それら3つを中心に据え、家づくりがスタートしました。見つけたのは、見晴らしのいい高台の土地。「少し変形地ですが、ヒロセ設計の社長は水捌けがよくていいとメリットにフォーカスしてくれました。物事をポジティブに捉える姿勢に惹かれたことが大きな決め手になりました」とご主人は振り返ります。  ヒロセ設計では、設計の段階で細部まで寸法を決めることはありません。実際に空間ができた段階で室内に入り、施主と相談しながら棚の高さや幅などを決めていきます。シューズクロークとシームレスにつながるパントリーも、当初は間にドアを設置する予定でしたが、より使いやすくするために現場で設計を変更したと言います。「柔軟に対応してくれたおかげで納得のいく家づくりができました」。  薪ストーブの暖気を取り込む寝室の小窓や、マグネットが付けられる壁など、心地よい暮らしを叶えるアイデアも随所に。施主に寄り添う思いやりに満ちた、心までじんわり温かくなる住まいです。

この家で過ごす豊かな時間が 子どもたちの原風景となるように

緑豊かな讃岐山脈を望む、すがすがしい木の家。元気いっぱい遊んでゴクゴクと麦茶を飲むお子さんたちの姿がよく似合います。「自分が幼い頃に経験した昔ながらの和の家の豊かさや心が落ち着く感覚を子どもにも知ってほしくて」と、ご夫婦がリクエストしたのは縁側のある自然素材の家。ヒロセ設計の柔軟なアイデアやサポートが納得の家づくりにつながったと話します。  「気持ちのいい暮らしの提案をたくさんしてくれました。塗り壁もそのひとつ。薩摩中霧島壁は今まで知らなかったので、これを聞いていなければ全室クロス張りだったかもしれません。サイディングの代わりに勧めてくれた、そとん壁の風合いや質感も気に入っています。どの提案にも細かく金額提示してくれたので、予算面でも安心してお願いできました」。  ほかにも、セルフビルドが楽しかったと話すご主人。「床や柱を塗装したり、外垣を作ったり。駐車場の土間打ちは左官さんに教えてもらいました」。そう言いながら目を向けたのは、土間の隅に残したお子さんの小さな手形。ご夫婦の愛情に満ちた住まいには、しあわせな記憶とともに“子どもたちに伝えたい大切なこと”がたくさん詰まっているようでした。

本物の質感に囲まれる暮らし 設計士夫婦が建てた家

夫婦ともに設計士という仕事柄、自邸はプロならではのこだわりが随所に。今だけでなく、将来を見据え、ふたりのライフスタイルと夢が反映されていました。  「廊下は極力なくして、空間をうまく使えるように考えて設計しました」とご主人。広いLDKを抜けて奥へ進むと、主寝室や子ども部屋などプライベートゾーンに入りますが、どの部屋もゆったり構えられていて無駄がありません。空間を広く使えるのは、効率的な間取りのなせる技です。  さらに、良質な家具を選び抜くことで建物との調和を図っているのもポイント。ダイニングテーブルや椅子、キッチンキャビネットなど本物の木の質感が空間に彩りを添えます。「家は毎日帰り着く場所。これから何年先もここでよかったと思える場所にしておくためにも、シンプルでいいものをセレクトしておきたかったんです」という奥さまの言葉が印象的です。  広い土地を利用した平屋は、空間をうまく使いながら各部屋を効率的に配置し、使いやすく、将来にわたって快適に住める家になりました。未来を見据えた住まいは、年を重ねるほどによさを実感でき、自然素材は徐々に味わいを深めていきます。10年後の家の佇まいが今から楽しみです。

「いままで」と「これから」を見つめて 家族を包む理想の住まいが完成

5日前に引き渡されたばかりの新居は、無垢床の木肌もみずみずしく、これから始まる新しい生活への期待に満ちあふれています。Hさんの家づくりは2回目。25年暮らした家の雨漏りでリフォームを考えたものの、費用面と老後の生活面から新築へと方向転換。慣れ親しんだ地域でいい分譲地を見つけ、ヒロセ設計に夢を託しました。  ご主人の「耐震性」「長期優良」という希望に、奥さまの「ナチュラルな木の温もり」「1階で生活が完結」「軒のある暮らし」という要望も重ねてブラッシュアップした新居。「上下の生活動線や窓からの雨漏りなど、前の家で不便だったところを意識して計画をお願いしました」と奥さまは話します。念願だったストレートリビングは開放感のある吹き抜けと相まって、広々としながらも家族の自然なふれあいが生まれる空間に。「ヒロセ設計さんが提案してくれた吹き抜けがとても気持ち良くて。昨日も主人と息子がゴロンと寝そべって天井を見上げながら過ごしていました」。  これから工事が始まるウッドデッキと外構も楽しみという奥さま。過去の経験と未来への想いが詰まった住まいは、確かな家づくりによって新たな実りを結びます。

住まう人の暮らしをデザインした “早く帰りたい”と思える家

 家づくりを考え始めた当初から、温かい雰囲気を持ち、家族の健康を守ってくれる自然素材の家を希望していたというご主人。共働きであることを考慮し、家事負担が少ない家にすることも絶対条件だったそうです。そんなご主人の要望を叶えたのは、ヒロセ設計。担当者も「この動線は、かなりの自信作ですよ」と胸を張ります。  S邸に入って驚いたのは、その回遊性の高さ。シューズクロークからはじまり、キッチン、水回り、寝室、サンルームまで、家事に関係するエリアをぐるぐると簡単に回ることができます。「これまではメゾネットタイプの賃貸に住んでいたのですが、移動が面倒で。今はすぐに部屋を移動できますし、生活にメリハリが出ましたね」とご主人。「玄関を入ってすぐ、買い物したものを冷蔵庫に入れることができるようになってうれしいです」と奥さまも続きます。サンルームのおかげで、服を脱ぐ、洗う、乾かすという流れが室内で完結し、天気を気にせず洗濯できるようになったのも、ご夫婦そろってとても助かっているそうです。  取材中、生まれたばかりの娘さんが気持ちよさそうに眠っていたS邸。ここは、新しい家族のためにご夫婦が用意した、心地よさと住みやすさを追求した住まいです。

新着イベント

3列表示
2列表示
1列表示
縦並び

新着施工事例